ホームトピックス会社案内リンク
企業内教育医療文教書籍

NEW  

   

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中、ちょっとした事、ささいな油断で様々な事故・災害が身の回りに一杯。
いまだに減らない現場での、そして仕事での事故・災害。
ヒヤリ・ハット事例を学習して、今一度、皆様に安全・安心作業について考えてもらおうという講座です。
ヒヤリとした事故、ハッとした災害を学習しながら、 事故0(ゼロ)、災害0(ゼロ)を目指していきましょう。
 A171 事故事例から学ぶ安全対策1(20分)
 A172 事故事例から学ぶ安全対策2(18分)
 A173 事故事例から学ぶ安全対策3(19分)
  各巻 45,000円(税抜) 全3巻 135,000円(税抜)
A171Dパッケージ
DVDメニュー画面




サンプル動画(mp4)

事故事例から学ぶ安全対策1 NEW


事故事例から学ぶ安全対策。
皆様の身の回り、身近なところで、危うく事故になりそうだったこと、ありませんか? これからいまだに減らない、現場での、そして仕事での事故・災害、ヒヤリ・ハット事例を学習して、今一度、皆様に安全・安心作業について考えてもらおうという講座です。 みんなで一緒に考えていきましょう!

DVDメニュー項目
(メニューにより全編再生及び、下記の項目ごとに分割で再生できます。)
1.ヒヤリハット 釣り袋を使わずパイプ搬送
・足場組立作業中。
Aさんは地上から足場上層階の先輩に渡すため、部材の鉄パイプを釣り上げていた。 ところが、釣り上げていた鉄パイプがロープから抜け落ち、地上に落下した。 パイプ落下地点に人がいたら重大な事故になるところだったヒヤリ・ハット事例
2.事例1 荷物を運搬中に転倒
・現場に入ってまだ日の浅い作業員
先輩に備品棚にある箱を取ってくるように指示され、箱を見つけ急いで戻ろうと通路を走り、途中で通路に放置されていた工具箱につまずき、転倒。
3.事例2 フォークリフトの積み荷がハリに接触
・フォークリフト運転者Cさんは、
倉庫の棚上段に置かれたパレットの荷を移動する作業を行っていた。 荷物をフォークですくった高い位置のまま走行して、運んでいた製品が天井のハリの下部に接触、落下。
4.事例3 溶接中に感電
・溶接作業者のDさん
タンク組み立て中の仕切り板を仮付けするため、梯子の踏みさんに立ち、作業をしていたところ、誤ってホルダーに挟んだ溶接棒が左首に接触し、感電。
5.事例4 機械に巻き込まれ窒息
・回転機を使って穴あけ作業を行っていたEさん。
その日は暑かったので、タオルを首にかけ作業していた。作業中、首にかけたタオルが(高速回転していた)機械の回転軸に巻き込まれ、タオルで首が絞められ窒息した事故。
6.事例5 酸素欠乏
・マンホールの梯子を降りていた作業員が梯子の途中から転落。
これを見たFさんたち3名が無防備のまま、救助に入り同様に転落し4名とも溺死。
コラム 5S活動の意義
・5Sは、
「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ(習慣)」のアルファベットの頭文字をとったもので、 職場の安全のみならず、仕事をうまく進めるための基本です。
全篇再生



■商品コード
■定価
■時間
A171D(DVD)
¥45,000 (税込¥49,500) 送料無料
20分
メールで注文FAXで注文ボタン
A172Dパッケージ DVDメニュー画面


サンプル動画(mp4)
事故事例から学ぶ安全対策2 NEW


いろいろな事故事例集でも「ヒヤリ・ハット」によるものが多くを占め、これらの事故原因を追究するのではなく、事例を幅広く興味を引く形で紹介することで事故削減につなげていきたい
今一度、皆様に安全・安心作業について、考えてもらおうという講座です。 みんなで一緒に考えていきましょう


DVDメニュー項目
(メニューにより、全編再生及び、下記の項目ごとに分割で再生できます。)
1.ヒヤリハット 脚立から飛び降り転倒しそうに
・脚立に登って天井に設置されている空調機のボルト締めをした
作業後、ゆっくり降りるのが面倒だと脚立の途中から飛び降り、着地で失敗し転倒しそうになったというヒヤリ・ハット事例
2.事例1 足場作業床からパイプの落下
・足場作業中のBさん。
作業足場上を歩いていたところ、作業床に放置されていたパイプに触れ、パイプを落下させてしまった。
パイプはちょうど下を通りかかった作業者のすぐ傍に落ち、もし当たれば大けがになるところだった。
3.事例2 フォークリフトのフォークから墜落
・工場外壁のダクトの調子がおかしいので、チェックを指示されたC君。
現場に来ると、ちょうどフォークリフトがあったので、フォーク部分に乗って上がり、身を乗り出したときにバランスを崩して転落した。
4.事例3 ロボットに激突される
・ロボット停止中に、
作業者D君が可動範囲内に入ったところ、不意にマニピュレータが動いて、よけきれず激突された事故。
5.事例4 機械に巻き込まれる
・Eさんは機械内部の修理作業後、作業前にオフにした安全装置をオンに戻すのを忘れた。
そのため、それを知らずに清掃作業を始めた別の作業者が機械に巻き込まれ大ケガを負ってしまった。
6.事例5 溶接中 可燃性ガスに引火・爆発
・Fさんは近くのタンクで塗料の溶剤から可燃性ガスが発生していたのに気付かず、タンク上部の足場上でアーク溶接をした結果、スパッタが落下してタンク内の可燃性ガスに引火して爆発したんだ。
7.コラム ハインリッヒ5つの駒
・ハインリッヒは災害発生の連鎖を5つの駒の原理で示しました。@家庭的、社会的欠陥 A個人的欠陥 B不安全状態や行為 C事故 D災害 この理論では不安全な状態と不安全な行動、つまり直接的原因をなくせば災害は起こらないと説明されています。
全篇再生

■商品コード
■定価
■時間
A172D(DVD)
¥45,000 (税込¥49,500) 送料無料
18分
メールで注文FAXで注文ボタン
A173Dパッケージ DVDメニュー画面




サンプル動画(mp4)
事故事例から学ぶ安全対策3 NEW


これから、いまだに減らない、現場での、そして、仕事での、事故・災害事例を案内して、今一度皆様に、安全・安心について、考えてもらおうという講座です。

DVDメニュー項目
(メニューにより全編再生及び、下記の項目ごとに分割で再生できます。)
1.ヒヤリハット ポケットに手を入れたまま階段を下りる
・ベテラン作業者のAさんが階段をふみ外し転落しそうになったヒヤリ・ハット事例
Aさんは両手をポケットに入れたまま階段を降りていたので、とっさに手すりをつかむことができなかった
2.事例1 脚立から身を乗り出し転落
・B君は脚立に乗り、レンチを使ってボルトの増し締めをしようとしていた。脚立から身を乗り出したとき、バランスを崩し、脚立から落ちた。
3.事例2 フォークリフトが作業員と接触
・フォークリフト運転者Cさんは、
ミラーで背後の安全を確認したので、フォークリフトをバックさせた。 ところが、ミラーには映らない死角部で作業員がシートを片付けていたため、フォークリフトがバックした直後に接触してしまった事故。
4.事例3 溶接中 火花が作業服に引火 
・Dさんは安全帽、保護面、革手袋、革前掛および地下足袋を着用していたが、衣服はナイロン系でズボンの裾を地下足袋の中に入れずに作業していた。
突然アーク溶接の火花が作業ズボンの裾に引火し一気に燃え広がり、火傷をおった事故。
5.事例4 墜落制止用器具を使用せず足場から墜落
・安全帯をせずに足場を移動
パイプが外れて墜落
6. 事例5 吊り荷に激突された
・鋼材を吊り上げて移動中、 突然、つり荷のバランスが崩れ、吊り荷の下付近にいたF君に激突した。
7. コラム 指差し呼称
1.指さし動作や声を出すことで脳が活性化する。
2.指差し動作をすることでより対象物に注意が集中する。
3.一連の指差し確認をすることで生まれる時間の余裕が短絡的な行動を防ぐ
全篇再生

■商品コード
■定価
■時間
A173D(DVD)
¥45,000 (税込¥49,500) 送料無料
19分
メールで注文FAXで注文ボタン
ご相談・お問い合わせはお気軽に・・・
株式会社ワイ・イーピー 営業部
フリーダイヤル
TEL:0120-573-433
FAX:0120-781-029
Copyright © 2011 YEP Co.,Ltd. All Rights Reserved.